痛みの原因

 今抱えている痛みは何ですか?

 

 外傷(捻挫や骨折など)以外の痛みの原因は様々なものが複雑に絡み合っています。例えば腰痛の85%は原因がはっきりしない「非特異的腰痛」と言われています。腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などはっきりと診断がつく腰痛は病院での受診が必要です。その他多くの腰痛は病院受診しても特に原因がわからないのです。

 

 それでも痛みを抱えている人は我慢しながら生活や仕事をしている…

 

 理学療法士は身体を評価することに長けています。どこに痛みの原因があるのか、全身のチェック・動作のチェックが可能です。痛みの原因も該当部位にあるとは限りません。そしてその原因を解決する手技を持っています。主に関節を的確に動かすことができます。

 

 痛みの原因を正確に突き詰め、確実にアプローチをする。対処療法ではなく、原因の改善ができるのが理学療法士なのです。

痛みを取るだけじゃ終わらない

 ここまではいろいろなところで行われている治療・施術です。

 

 私の興味があるのはその先です。

 

 痛みのためにできないことは何ですか?

 

 痛みがあるために好きなことができない。例えば腰が痛くて仕事がはかどらない、膝が痛くて旅行に行けない…。

 やらなければならないことができないためのストレス、やりたいことが制限されるストレス…。

 

 痛み→動かなくなる→動かない方が楽→やりたいことがなくなる

 

痛みがきっかけで好きなことができない生活はつまらないのです。

変えたいのは習慣です

変えたいのは身体だけでなく、あなたの習慣です。

 

 ①痛みの原因がわかる

 ②自分ではできないところを変えてもらう

 ③身体が変わる術を教えてもらう

 ④自主的に実行してみる

 ⑤習慣化する

 

 習慣化するにはかなりな決意と継続が必要です。習慣化してしまえば辛くはありません。当院では①~③までを徹底的にアプローチします。④~⑤はあなたと一緒に歩んでいきます。

 

 それが生活習慣を追究する「ライフスタイル・ラボ:Life style Lab.」なのです。