ぎっくり腰などの急性腰痛や慢性的な腰痛に悩んでいる人も多いと思います。

 腰痛と言って思いつく診断にはどんなものがあるでしょうか。

 

 腰椎椎間板ヘルニア

 腰部脊柱管狭窄症

 変形性腰椎症

 椎間板症

 椎間関節症

 腰椎分離症

 腰椎すべり症

 筋・筋膜性腰痛症

 

 などなど、こちらの診断名は比較的聞いたことがあるものが多いと思いますが、それもごく一部です。

 腰部には骨・椎間板・関節・靭帯・筋など様々な器官があり、それら全てが痛みを発する原因になり得ます。

 腰の痛みの原因を探るのは身体の他の部位よりも特定が難しいです。そして、腰痛の85%は原因がよくわからない「非特異的腰痛」と言われています。病院に行っても特定ができないことが多いということです。

 そこで腰痛を抱えている人にアドバイス。自分でできる確認方法を紹介します。

 

1.伸展型腰痛

 腰を反ったら痛む場合、椎間関節症や分離症などが疑われます。もともと腰が反っていたり、腰を反る動作が多い場合に痛みやすい箇所です。

 

2.屈曲型腰痛

 腰を前に曲げたら痛む場合、椎間板ヘルニア、椎間板症や筋・筋膜性腰痛症などが疑われます。中腰姿勢での作業が多い場合に痛みやすい箇所です。

 

3.仙腸関節由来の腰痛

 腰でも下位の方や臀部が痛む場合に疑われます。出産後の骨盤のズレからも原因は考えられます。

 

 これに年齢や性別、生活・運動習慣から腰の痛めている箇所を推定していきます。どこを痛めているのか推定できれば対応もしやすくなります。

 原因は全身にあります。身体が硬い、姿勢が悪い…

 個別で対応していかなくてはなりません。万人に共通のいわゆる腰痛体操は存在しないと思ってください。

 しかも、器質的な問題よりも精神的ストレス・睡眠不足・体重増加などの生活習慣が腰痛の原因となっているというのが、現在の医学の主流となっています。

 

 当院は専門的な評価・施術で原因を徹底的に解決できます。そして当院の特徴は運動指導によって生活習慣のアドバイスもできるところです。簡単な運動から強度の強い運動まで、状態に合った指導を選択します。全て個別で対応致します。是非お試しください。