整体院でここまでやるの?

このページにたどり着いていただいてありがとうございます!

みなもと整体院の一番大切にしていることが書かれています。

最後まで目を通していただければ、共感と発見があるかもしれません。

こんなことを経験したことはありますか?

 

☑ 腰が痛くて家事や仕事にやる気が出ない

☑ 肩こりぐらいで病院に行くのが気が引ける

☑ 身体の調子が悪くて、楽しみにしていた予定をキャンセルした

☑ 身体の不調のためについ家族に当たってしまった

☑ 痛みがあっていつもイライラしている

☑ 揉んでもらった後にお金がもったいないと思ったことがある

 

☑ 病院・接骨院・整体院など、どこへ行っていいかよくわからない

☑ 誰も自分の痛みをわかってくれない

 

こんな経験は少なからず誰にもあると思います。

あなたはどんな対応をしていますか?

他の整体院では行っていない

こんなアプローチがあるんです

① やりたいことを見つける

② 目標を立てる・やると決める

③ 方法を選ぶ

④ 実行する

 

この順序を間違えるといつまでも痛みから逃れられません。

 

上記の☑を例にしてみると…

 

「☑ 腰が痛くて家事や仕事にやる気が出ない

 

多くの方は「腰が痛くて」を治したいと思い、整体院にいらっしゃいます。痛みがとれればやる気が出ると思っています。腰の痛みをとる方法から先に選んでしまいます。

 

みなもと整体院では「やる気が出ない」というところからアプローチします

家事の楽しみは何ですか? 仕事のやりがいは何ですか?

 

痛みをとる方法の前に①やりたいこと②目標をはっきりさせましょう。そうすれば方法が見つかります。

 

もしかしたら腰が痛いのはいろいろある問題の中のひとつに過ぎないのかもしれません。

 


こんな方がいらっしゃいました。

腰が痛くて仕事がはかどらない。話を聞くと週末にヨガ教室に行っていたが、最近は行かなくなったとおっしゃいます。

 

この方のために腰の痛みをとるために当院で行ったことは

「ヨガのポーズができるような指導」です。

 

その方はヨガが好きだからです。腰が痛くて仕事もはかどらず、週末は家から出なくなっていること自体が腰痛を悪化させます。

 

その方は今では腰痛もなく、毎週ヨガ教室に行っています。


当院では、腰の痛みをとることができます。しかし、目標がなければ戻ってしまうケースがあります。

 

「痛みがとれればやりたいことがあるのに…」ではなく「やりたいことをやることで痛みをとる」という発想になりましょう。

「痛みをとる方法」ではなく、「やりたいことをやる方法」を選びましょう。

 

そのために当院があります。ただ痛みをとることはできます。それだけでは満足しないのがみなもと整体院です。


みなもと整体院にお越しいただいた方々の声があります。

念願のバイクを買ってツーリングに出ることが背中の痛みを改善させる

【柏市 宮田様 20代女性】

仕事中の背中の痛みで来院されました。姿勢改善の施術とトレーニングを行ってもらっています。長時間のバイクの運転に耐えられる体幹の強化を目標に設定しました!

毎回来院されると、仕事の悩みの話になります。

今では趣味のバイクや富士山登山など、積極的に活動できていることが、私も嬉しいです!

仕事後にスポーツクラブに通えるようになって卒業しました

【白井市 順子様 39歳女性】

夜も眠れないくらいの背中の痛みで来院されました。脊柱と肩甲骨の動きの施術で痛みは改善!今ではぐっすり眠れています。

当院のパーソナルトレーニングを継続してもらい、自主的なトレーニングを習得できて、スポーツクラブに移行したケースです。

自分の身体に必要な動きがわかれば、どこへ行っても運動を継続できます!

高校最後の大会に間に合いたい!はっきりとした目標があるケースです

【柏市 H・N様 10代女性】

踵の痛みで来院されました。今では痛みも取れてバレーバールに専念できています!

ジャンプの着地動作を一から見直しました。大会に間に合うようにといった目標に向かうことで、自主性が高まります。こういった場合は良くなっていくケースがほとんどです。

股関節の痛みのために一番必要なことはダイエットでした

【我孫子市 女性】

股関節の痛みで来院されました。股関節の動きや筋力に問題はありましたが、目標をダイエットに設定しました。

ダイエットを続けられる取り組みと結果が、股関節の痛みを軽減させたケースです。痛みが減れば筋トレも積極的に行ってもらっています!

目標に向けて一緒に励みましょう!



痛みはとらなくていいの…?

違います!

痛みをとる目的が他と違うということです

腰が痛くて腰を揉む。これは治療家としては問題外です。

こんなことを耳にしたことはありますか?

「痛みの原因は患部にはありません。だから揉んだりするだけでは良くならないのです。痛みの原因に対してアプローチをして、根本治療を行いましょう。」

これは半分正しく、半分間違いです。

みなもと整体院もこのようなアプローチを行っています。痛みをとるには必要なアプローチです。

しかし、これだけでは痛みが戻ってしまうケースを多く経験してきました

揉んだりすること、痛みの原因にアプローチすることも、結局は「痛み」を目的にしていることに変わりがないと気づきました。

痛みをとることは「手段」であって「目的」は他にあるはずです

あなたはダイエットをしたことはありますか?

 

☑ ダイエットに挑戦したが結果が出なかった

☑ ダイエットは成功したが、リバウンドした

 

このような方はおそらく「○○ダイエット法」を知って実践したのでしょう。テレビや雑誌、SNSからもいろいろな情報が入ってきます。自分に合う「手段」を選んで実践してみたと思います。

 

 

☑ ダイエットに成功し、今でも目標体重を維持している

 

このような方は「目的」に向かってどうすればいいのかを考えます。そこに自分に合った「方法」を落とし込んだだけです。

ダイエット法を知ったから実践したのではなく、ダイエットが必要な目的があったからダイエット法を探したのです。

 

90%の人は、一見すると当たり前のこのことに気付いていないのです。

接骨院や整体院に行ったことはありますか?

 

☑ 揉んでもらったが、その時気持ちがいいだけで痛みは変わらなかった

☑ 痛みは楽になったが、また戻ってしまった

 

痛みをとるという「手段」を接骨院や整体院で行ってもらっただけです。

 

☑ 痛みが改善して、今も痛みなく活動できている

 

なぜ痛みをとりたいのかをはっきりさせる「目的」に向かっているかどうかで結果は異なります。

 

痛みがとれたらしたいことがあるのに…

「タラれば」はやめましょう!

したいこと(目的)をやることが先です。痛み(手段)はあとから変えることができます!

やるべきことはたったひとつです

「行動の目的をはっきりさせる」だけで痛みはとれます!


みなもと整体院での取り組みを紹介します

1 問診とは違う、心理学に基づいたカウンセリング

みなもと整体院では、施術の前のカウンセリングに最も力を入れています

心理学に基づいた独自のカウンセリングシートを用いて、「あなたが何に困っていて」「何がしたいのか」といった「目的」をはっきりさせます。自分でも意外と気付いていない新しい発見があるかもしれません。

一人ひとりに向き合って「目標」と「達成時期」を具体的に設定します

これができなければ次の手段が効果的に行えません。

2つの質問をします。その答えによって施術方法を選んでいきます。

 

痛みの場所は?どのようなときに痛みますか?といった問診を丁寧に行うことは当たり前です。それはカウンセリングとは言いません。

 

初回ご利用の方は、カウンセリングに時間を多くかけていきます。

2 理学療法士にしかできない評価・治療

長年理学療法士として臨床で培った知識・技術があります。

個々の目的に向かって行うべき手段を選択していきます。

 

【全身の評価】

痛みの原因はほとんど患部にはありません。姿勢や動作など全身を徹底的に評価し痛みの原因は解明します。

 

【関節ファシリテーション】

関節運動学に基づいて、関節を的確に動かします。関節が楽に動かせるようになることで、痛みや可動域などさまざまな効果が見込まれます。

 

【筋膜リリース】

関節を動かすのは筋肉です。筋肉がうまく使えなければ力も出ません。筋膜リリース自体が痛みの改善にも直結することがほとんどです。

 

3 パーソナルトレーニングを組み合わせる

スポーツトレーナーとしてスポーツの現場での経験を生かしたトレーニングにも実績があります。

 

みなもと整体院が考案した「筋膜リリースエクササイズ」を組み合わせることで、効果を持続させます。特別な器具を用いず自宅でできるトレーニングを紹介します。個々に合わせて数十種類のメニューから選択していきます。宿題が出るのもみなもと整体院の特徴です。

 

☑ 体操を教えてもらったことがあるが、継続できていない

 

という方は目的をはっきりさせてから取り組みましょう。

4 目標に向かってフォローを継続

※「みなもと整体院公式アプリ」を使います

初回に設定した目標に向かって大切なことを、アプリのメッセージで定期的にお伝えします。

 

☑ やりたいことをみつけるためのステップ

☑ 自宅でできる体操のおさらい

☑ 次回来院時までの課題

など

 

施術後にも徹底的にフォローさせていただきます。

 一人ひとりのために作成したメッセージで定期的にフォローさせていただきます!

 

※アプリダウンロードをお願いしております



問診を丁寧に行っている治療院は多くあります。それは当たり前のことであって、カウンセリングとは言いません。心理学を基にした「目的を一緒に考える」ことがみなもと整体院独自の他には行っていない取り組みと言えます。このことができなければ、どんなに効果的な手段も意味がありません。

逆に「目的」がはっきりすれば、方法をはめ込んでいくだけで効果は出てきます。

(もちろんみなもと整体院が提供する方法にも自信を持っているからこその答えです)

 

わかっているようで、実はこのことにほとんどの方は気付いていません。そして、このことを明確に提供している病院・接骨院・整体院がありません

痛みをとることだけを提供するのが治療院ではありません。

みなもと整体院で変わるのは痛みだけではありません

気持ちや行動が変わることこそ、みなもと整体院の提案するゴールです


次のような方はみなもと整体院では効果的に痛みをとることはできません。

 

☑ だた揉んでもらいたい依存的な方

☑ 無断でキャンセルされる方

☑ 当院の提案する方法を実践する気持ちがない方

 

 

 

次のような方は大丈夫です!是非お越しください。

 

☑ そうは言ってもやりたいことがはっきりしていない方

→やりたいことを見つける方法もお伝えします

 

☑ なかなか継続できないと思っている方

→継続したいという気持ちがあれば大丈夫です。なぜ継続できないのかも一緒に考えていきます


お客様からいだたいた質問にお答えしています。

Q 保険適応ですか?

A 当院は保険適応ではありません。実費負担となります。料金をお確かめの上来院ください。

 

Q どのような施術をするのですか?

A 主に関節を動かす、ストレッチするなど基本的に痛みのない施術です。ボキボキするなどの手技は使いません。国家資格を有した院長の施術ですので、安心してお越しください。

 

Q どんな状態の人が通っていますか?

A 当院へは今のところ首、肩、腰、股関節、足など様々な症状の方が来院されています。どんな症状にも対応できるのが当院の特徴です。

 

Q どれくらいの頻度でどれだけの期間通えばいいですか?

A 症状により異なってきます。急性期の痛みであれば集中してきていただく必要があります。30分の施術で週に何度か、短期間の通院をおすすめします。慢性期の痛みであれば原因の改善と予防も含め、間隔は空いていいですが長期間の通院をおすすめします。

 

Q 着替えはありますか?

A 着替えを用意しております。着替える場所も鍵のついた部屋がございます。

 

Q 2回目以降の予約はどのようにとればいいですか?

A 初回の状態によって当院から次回予約のおすすめをさせていただいたおります。当院にて次回の予約をしていただくのが確実ですが、電話、ネット予約でもお受けしております。

 

Q 予約は必要ですか?

A 当院は予約優先ですが、空いている時間は直接お越しいただいてもお受け致します。急な怪我などでも対応し、必要であれば医療機関へ紹介致します。


院長プロフィール

名前:

源 和哉

みなもと かずや

 

理学療法士

 

学歴:

 

順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科卒業 運動生理学専攻

 

専門学校社会医学技術学院 夜間部理学療法士学科卒業

 

職歴:

 

平成16年 理学療法士免許取得

 

整形外科クリニック、急性期病院リハビリテーション科にて臨床経験を積む

整形外科分野を得意とし、小児から高齢者までのリハビリを担当

 

運動部の学生・スポーツ選手のリハビリやスポーツ現場でのトレーナー経験も豊富

 

・元サッカーJリーグ 柏レイソルアカデミートレーナー
・元フットサルFリーグ バルドラール浦安トレーナー
・現千葉県サッカー協会医学委員会 トレーナー部会員

長年の病院勤務でたくさんの患者様のリハビリを担当してきました。

理学療法士として疾患に向き合うスペシャリストを目指して日々臨床経験を重ねてきました。

 

☑ 同じ疾患で痛みを抱えているのに、人によって結果が違ってくる

 

自分の勉強不足もあります。どんなに経験を積んでも自分のスキルを高めることに終わりはありません。しかし、それ以上に大切なことの想いが大きくなっていきました。

 

☑ 人と接する仕事だということ

 

 

特にスポーツ障害を持った学生は、いかに自主的に行動ができるようになるのかが大切です。なぜ痛みが出ているのか、どうすれば治るのか、治った後にどのような選手となるべきなのか。自分で自分の身体を管理できるようになれることが必要という答えにたどり着きました。

 

あるプロサッカー選手のリハビリを担当したことがあります。その選手に学生と同じようなことを伝えました。日々の練習でウォーミングアップやクールダウンにどれだけ時間をかけるのか。人によっては身体が硬いのかもしれません。体幹が弱いのかもしれません。自分に必要なことを改善してから毎日の練習に臨む姿勢の大切さを、リハビリをしながら話した記憶があります。そこでその選手が言った言葉を今でも覚えています。

 

「その話を自分が小学生のときに聞きたかった」

 

プロの選手でも、学生と同じことを思っていたのだと気付きました。

 

この話は何もスポーツを行っている人に限ったことではありません。

 

自発的に動けることで身体は良くなっていきます。その気付きさえあれば。

私の技術や方法をお客様に押し付けることで痛みがとれるケースもあります。しかし痛みがとれたとしてもそこに本当の意味があるのでしょうか。

痛みを出しているのも自分自身であったりします。姿勢や動作だけでなく、考え方や行動です。痛みを改善させるのも自分自身であったりします。私はそこにちょっとだけお手伝いをするだけです。

 

病院勤務時代にいつも感じていたことにじっくり時間をかけたいと思ったとき、私の出した答えは開業でした。

 

みなもと整体院は「整体院」と看板を出している以上、痛みや身体の悩みを改善する施設です。しかし、その中身は「人の話をよく聞くこと」から始まります。

 

 

「痛みをきっかけに新しい自分を見つけられる」そんな場所でありたいと思っています。


当院は保険適応ではありません 実費負担でのご利用となります

当院のコンセプトや料金をお確かめいただき、ご理解の上来院ください

予約優先となっております

ご予約は

  • 【電話】
  • 【ホームページから24時間ネット予約】
  • 【アプリから予約】

月曜~金曜 9:30~19:30(最終受付18:30)

日曜 9:30~17:00(最終受付16:00)

土曜・祝日 休み

※不在の時間帯がある場合があります


【みなもと整体院公式アプリ】ができました

アプリでできること

 

☑ 自分の目標に向かったプラン情報が定期的に届く

☑ ポイント利用でお得

☑ ご家族、友人に紹介できる

☑ アプリから直接予約ができる

 

 

など、最大限に活用してください!


みなもと整体院にはメインのホームページがあります。

当院のTwitter/Instagramもフォローしていただくと、最新の情報をお届けします!

※不定期に更新

@LIfeStyleLab2

@lifestylelabminamoto